普段の生活に気をつけて若々しい肌|クマ予防のためにできること

美容外科でアンチエイジングするメリット

クマを治す

目の下にクマができる場合は何れの場合は体調やスキンケアに気をつける

人間の体の部位で最も体調変化が表に出やすいのが皮膚となります。いわば健康のバロメータであり、体調が悪ければ肌の保湿成分が失われて、カサカサの乾燥肌になったり、ニキビなどの吹き出物ができたりと、肌は体調とリンクしているので注意をします。 目の下にできるクマについても同様で、その種類は複数ありますがそのどれであっても、体調変化やスキンケアに注意をしておく必要があります。 例えば寝不足は血行不良を呼び起こすため、目の下の血行が不足して青くなる青グマと呼ばれるタイプのクマができることがあります。また影クマと呼ばれるタイプのクマもあります。このクマの場合は加齢によるものなので、それを治すには地道なスキンケアを繰り返すか、美容外科で直接施術を受けるのもが確実な対処方です。

外科施術で治す場合はダウンタイムについて知っておく

ダウンタイムはあらゆる施術において気をつかう必要があります。施術後に日常生活に戻れるまでの時間をダウンタイムと呼んでおり、目の下のクマを治すための施術も、それぞれの施術法でダウンタイムが違ってくるので、事前にその点について知っておくと、施術によって日常生活を中断せずに済む利点が得られます。 具体的なそれぞれのダウンタイムは、まず脂肪注入方によって治す場合は、ダウンタイムはメスで切らないため、殆どゼロです。同様にヒアルロン酸注入によってクマを治す場合も、注射による注入のためダウンタイムはありません。 ダウンタイムが存在するものとしては、リフトアップや眉下切開法などがあります。これらは効果が半永久的というメリットがある分、施術後もしばらくはダウンタイムが継続するため、社会人ならば連休前に施術を受けるといった工夫も有効です。

Copyright© 2015 普段の生活に気をつけて若々しい肌|クマ予防のためにできることAll Rights Reserved.